涙・なみだのアンスキャンダル物語 -HISTORY OF UNSCANDAL 2004-

2004年(平成16年)
元旦、メリケン波止場からやってきた渡り鳥ギタリスト・kozzz加入。UNSCANDALに加入する際に、たけし軍団ばりの芸名をつけられることを避ける為、自ら「kozzzと書いてコエちゃんと読んでくれ」と希望する。
1月20日頃、ハカマが水疱瘡を発症。高熱と全身ブツブツを圧してライブ出演。
2月21日下北沢CLUB251にて『ナイスバーディーvol.15』開催。
(共演:浅草ジンタ・ズクナシ・BOOBEES)
6月8日下北沢CLUB251にて『ナイスバーディーvol.16』開催。
(共演:SNOOP・CLAYFISH・SIX)
7月30日下北沢CLUB251にて『ナイスバーディーvol.17』開催。
(共演:FULL MONTY・PRINCE ALBERT・CHURU-CHUW・HIGH VOX)
10月27日、TVアニメ「スクールランブル」のオープニングテーマ『スクランブル』を、声優・堀江由衣さんをメインボーカルに迎え、堀江由衣 with UNSCANDALとして発売。「グ〜ルグルまわる」というフレーズが印象的なこの楽曲は、もちろん作詞作曲スズーキタカユキによる書き下ろし曲である。ちなみにカップリング曲『Go! Go! Golden Days』は、元々あったUNSCANDALの持ち曲『Go!Go!HEAVEN』を他の曲とくっつけて作り上げたリメイクバージョンである。
『hm3 EXTRA』『hm3 SPECIAL』『声優アニメディア』などの声優雑誌にて、堀江由衣 with UNSCANDALとして表紙を飾る。
10月29日より1ヶ月強の間、山中湖のスタジオに篭もりアルバムレコーディング開始。魂を注ぎ込みすぎて病院送りになるメンバーが続出。病人の枕元でケーシー・タカユキが付きっ切りでホワイトボードを使って医学漫談。毎夜の晩酌は期間限定オープンの「焼き処・らっぱ」にて七輪を囲み、朝まで酒を酌み交わす。
12月よりステージ衣装がこれまでの赤or青Tシャツから、全員お揃いの黒スーツに変わる。黒スーツライブ初戦を飾ったのは、12月5日横浜BLITZで行われた“スクールランブル”ゆかりのアーティストによるスペシャルライブ「School Rumble PRESENTS Come! come! well-come? party」で、このライブの模様はのちにDVD化された。ちなみにこのライブ終演後、Jr.が謎の高熱でうなされ病院送りになる。
衣装の一部として支給された帽子(キャスケット)が、激しい前衛舞踏を繰り広げるガジローにとって邪魔物以外の何物でもなく、1〜2回でお蔵入りに。
12月17日原宿アストロホールでプロモーションビデオ『over』の撮影を行う。この日はMAGUMIさんのイベントでリハ後のお時間を拝借し撮影。ライブ映像に映っているオーディエンスの皆々様は、実はこのイベントにたまたま居合わせたお客様だったりします。
12月31日CLUB CITTA川崎でのカウントダウンライブに出演、年またぎでライブを行う。
  • 2004年アー写その1
    ▲2004年kozzz新加入の為、急遽アー写撮影を決行した時の一枚。
  • スクランブル発売時のアー写
    ▲2004年『スクランブル』ジャケット写真撮影時。
  • レコーディング2004
    ▲山中湖レコーディング初日の夕食時。この後に待ち受ける過酷な日々をまだ知る由も無く…。
  • PV「over」撮影
    ▲PV『over』撮影時。
  • over/UNSCANDAL
    ▲PV出来上がりはこちら。